文字入力ソフトはGoogle日本語入力一択でしょ!Microsoft IMEなんて使ってませんよね?

Google日本語入力アイコンが表示されたノートパソコン

Windowsユーザーだったら、最初にデフォルトで入っている文字入力ソフトがマイクロソフトIMEのはずです。

マックについては私は持ってないのでわかりません(笑)

で!!
まさか、そのままマイクロソフトIMEを使い続けているなんてことはありませんよね?

文字入力ソフトは色々ある

まず前提として、文字入力は色々あって、自分で簡単に選択できます。

パソコン初心者の方は、これを知らないことが多いので一応(笑)

有料無料と色々あるのですが、今回は無料の文字入力ソフトだけに限定します。

正直無料で十分すぎるくらい十分なので。

マイクロソフトIMEより断然Google日本語入力

では本題。

マイクロソフトIMEとGoogle日本語入力が実際にどう違うのか、比較しつつ紹介してみます。

トレンドへの強さ

Google日本語入力は俗語やトレンドに非常に強い変換能力を持っているのに、マイクロソフトIMEは全然ダメ。

・・・と書くつもりだったんですが、今実際に切り替えながら実験していると僅差

マイクロソフトIMEさん頑張っていますね。

どちらも最近の女優名や時事ネタにかなり対応しています。

ということで、ドロー。

タイピングのしやすさ

もうね、これは私的には圧倒的にGoogle日本語入力の勝ち

ミスタイピングをしてしまった時にそれは顕著に現れます。

例えば「保険」とタイピングしたくて「保健」とミスしてしまって、バックスペースを押した場合の挙動。

文字削除時の挙動比較

Google日本語入力だと元の平仮名に戻るのに対し、マイクロソフトIMEだと変換後の文字から1字削除するようになります。

マイクロソフトIMEを使っていると、よくこれで打ち直すハメになっちゃうんですよね。

でもGoogle日本語入力だったら大丈夫。

元に戻るので、新たに変換し直したり、打ちミスった文字を修正して再変換などできるため、作業量が激減します。

絵文字や顔文字

これについても「Google日本語入力の圧勝!」と書きたかったんですが、どちらでも良い感じ。

Microsoftさん、しばらく使わない内に本当に良くなってますね。

Google日本語入力を使おう

実際に比較してみるとマイクロソフトさんも検討しているものの、やはりGoogle日本語入力一択なのは間違いない。

ということで、使ってみましょう!

Google日本語入力をダウンロード

ダウンロード後は、適当に「はい」などを選んでおけばOK(笑)
あっという間にインストール完了です。

文字入力ソフトの切り替え

文字入力ソフトの切り替えは2クリックで完了します。

右下にある文字入力ソフトのアイコンをクリックして、使いたい入力ソフトを選択するだけ。

日本語入力ソフトの切り替え

この画像では右下に表示されているのが青いボールのようなものですが、これはGoogle日本語入力のアイコンです。

今現在使用しているソフトによってアイコンは変わるので、それをクリックしましょう。

慣れると多分、Google日本語入力以外には戻れなくなるほど使いやすいので、ぜひ使ってみてくださいね。

mailmagazin

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする