初心者がとりあえずワードプレスを始める方法

WordPressロゴ

これまで様々なサーバーでいくつもワードプレスを作成してきました。

その経験の中で、もっともオススメで簡単なワードプレスの作成方法をご紹介します。

サーバーをレンタルする

まずはサーバーをレンタル契約します。

独自サーバーはかなーり高いので大手企業、大型ショッピングサイト、プログラム稼動用など、特殊な用途を除くと現実的ではありません。

数あるレンタルサーバーの中で、総合的にオススメはXサーバーです。
X10プランで十分です。

友達だけが訪問したら良い趣味のサイトならもっと格安なサーバーでも良いですが、営利目的でサイト運営をするのでしたらXサーバーがオススメです。

私もXサーバーをメインで利用しています。

何も考えずXサーバー一択でOKです!

そうです、私がXサーバーです!

諦めたらそこでXサーバーですよ!

→ 【噂のXサーバーはこちら】

Xサーバー無料お試し契約

ドメインを取得する

サーバーをレンタルしたら、ドメインの取得です。

当サイトでいうところの
「garopon.biz」
の部分です。

日本で主要なドメイン会社2社がムームードメインとお名前.comです。

どちらで取得しても構いません。
私はムームードメイン派です。

→ ムームードメイン
→ お名前.com

取得時にネームサーバが必要になりますが、Xサーバーの場合は以下の通り。

ネームサーバー1:ns1.xserver.jp
ネームサーバー2:ns2.xserver.jp
ネームサーバー3:ns3.xserver.jp
ネームサーバー4:ns4.xserver.jp
ネームサーバー5:ns5.xserver.jp

ドメインの決め方

大きく分けて

  • 日本語ドメイン
  • 英語ドメイン

とがあります。

【日本語ドメインの特徴】

ドメイン名にキーワードを入れることで有利に働く。
ピュニコードが初心者にはわかりにくい。
URLが長くなり、拡散やリンクを敬遠される。

【英語ドメインの特徴】

特になし。
非常に一般的。

私はペラサイト(小さなサイト)には日本語ドメイン、それ以外は英語ドメインを利用しています。
参考にしてください。

どちらを選ぶにしても、サイトの内容に関連したものを選びましょう。

トップレベルドメイン

当サイトの「.biz」の部分です。
他にも数えきれないくらいの種類があり、それぞれ値段も違います。

SEO的には特に意味はないとされています。
無難に「.com」「.net」「.jp」「.biz」辺りを取得しておけば大丈夫です。

サーバーにドメインを登録する

Xサーバーのサーバーパネルにログインし、ドメイン設定をクリックします。

ドメイン設定

「ドメインの追加設定」タブ

取得済のドメインを入力。

ドメインの追加(確認)をクリック。

ドメインの追加設定

あとはサーバー側での処理が終わるのを待つだけです。

取得したURLにアクセスしてみて、以下のような画面が出れば問題なく紐付けが完了しています。

長い場合数時間かかる場合もあるので、気長に待ちましょう。

アップロードされていませんの画面

ワードプレスのインストール

Xサーバーだと、非常に簡単にワードプレスをインストールすることができます。

サーバーパネルから「自動インストール」をクリックします。

自動インストール

ドメイン選択後、「プログラムのインストール」から「WordPress 日本語版」のインストール設定を選択。

ワードプレス日本語版の自動インストール手順

自動インストール画面では、以下画像を参考に入力してください。

自動インストール入力項目説明

完了画面が表示されれば終了です。

そこにログインURLが表示されているので、さっそくログインしてみましょう。

また、ログインURLはブックマークなどしておくと便利です。

mailmagazin

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です