情報商材を購入する時の特典は危険ですよ?

情報商材の罠

稼ぐ系情報商材では、もはや常識になっている『特典』。

買いたい情報商材があったら、それで特典検索して誰から買うか悩んだりしてないですか?

もしもそんなことをしているのだったら、今後はやめておいた方がいいです。

どうしてみんな特典をつけるのか

なぜみんな情報商材をアフィリエイトする人は特典をつけるのでしょうか。

答えは簡単ですね。

大部分のバカ購入者が特典で誰から買うか選ぶからです。

つまり求められそうな特典を沢山付ければ売れやすくなるんですね。

人にもよりますが、その場合に購入者がどうなるかなんて考えられていません。

購入者がその商材で稼げるか、稼げないか

ではなく、

購入者が自分から買うかどうか

だけが重要なのです。

アフィリエイト商材を買った私の経験

今でこそ専業サイトアフィリエイターをさせていただいていますが、私も初心者の頃があるわけでして、情報商材は沢山購入しましたw

購入時に「特典が~~~」みたいなことが書かれているので、当然

  • 「もっと良い特典の人はいないか」
  • 「どうせ買うなら沢山おまけくれる人がいい」

という発想になってました。

だからわかるんです、特典は悪だと。

本当にあった、特典がアホほどついてきたパターン

大量の荷物に潰される男

昔私が何かのアフィリエイト商材を購入した時のことです。

「・・・・・ 特典」と検索して、ものすごい量の特典をつけているアフィリエイターのサイトを見つけて購入したんですね。

それはもう、めっっっちゃ得した気分でしたw

購入した商材もなかなかボリュームのあるものだったので、まずはそれを4日かけて読破しました。

今思えば、当時としては悪くない商材だったと思います。

問題はそこからです。

特典のZIPを解凍し、少しずつ読んでいきました。

半分くらいを読むのに半月くらいかかりましたかね(完全にアホですw)。

で、もうなんか疲れてるというか、やった気になっているというか、作業しないんですよ。

「色んなことを知れた!いやーかなり前進したぞ♪」

となっているわけです。

もちろんこの商材を購入して稼ぎだした金額は0ですwww

ブログを作って、設定頑張って、微妙な記事3つくらい書いて、「あれ?稼げないぞ?」となる、初心者の典型的なやつですw

もしも無駄な特典を読んでいる時間、ブログ作って記事書いていれば、何かしら得るものはあったでしょうし、報酬は少しは上がっていたでしょう。

これが特典に釣られて高いお金を払い、多くの時間を無駄にした過去の私の体験談です。

ほしい情報商材を買ったなら、それだけに集中すべき

集中して取り組む女性

だいたいの情報商材は2万前後しますので、何も考えずに購入する人はいないでしょう。

おそらく悩みに悩んで、これだったらうまくいくんじゃないかと思い決断したはずです。

だったらそれだけに集中しましょう!

専業でやっている私の場合でも、沢山のことを同時進行していたら集中力が続きません。

どうでもいいことなんてやっていると、本当にしなくてはいけないことに使う集中力なんて残ってないんです。

副業の方だと、その傾向はもっと強いものになるのではないでしょうか。

特典なんて探している暇があれば、とっとと買って実践しましょう!

特典を読んでいる時間があるなら、購入した商材を実践しましょう!

断言できます。

明確な理由もなく特典で販売者を選んでアフィリエイト商材を購入した人は稼げません!

得したくて特典で選んだなら、読まないと損した気になるから無理でしょ?

全ての特典が悪いのか

答えは「NO」。

素晴らしい特典をつけて商材を販売しているアフィリエイターもいます。

なんか前半の熱い主張と覆すようですみませんww

良い特典というのは、購入した商材を補完するようなものです。

より情報商材に集中できるようにするためのものとも言い変えれます。

具体的なところでは、

  • 商材実践の中でわからないところはなんでもお答えしますコンサル
  • 商材内でわかりにくい部分を補うPDFなど
  • (例えばブログアフィリエイトの商材なら)ブログ自動開設ツール、テンプレート

といった感じ。

全く無関係な特典がついていましたら、その人は

「買ってくれるなら、その人は稼げなくてもいいや」

と考えていると思って、まず間違いないです。

おまけ

場所の関係などもあるのでまずありえないですが、「リアルに会ってご飯でもいきましょう」という特典などあれば最強ですね。

実際に稼いでいる人と繋がれて、色々と話をすることができるチャンスなんて初心者にはまずありません。

そんな特典があるのなら、クズみたいな高額情報商材でも買っていいかも・・・。
もちろん商材は購入後、即ゴミ箱ですがww

mailmagazin

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です