WordPressで投稿画面「よく使われているタグ」の数を増やす方法

HTML、PHPなどのソースコード

WordPressで無計画にブログを作っていると、記事数が多い時にある問題に直面します。

それは過去どんなタグを作ったかわからない問題(笑)

もちろん分かる方法はあり、「投稿」→「タグ」と進んで見ればわかるんですが、記事投稿時にいちいちそんなことしてられませんよね。

投稿時に「よく使われているタグから選択」からデフォルトで45件までは表示できるのですが、記事が多くなってくると45件では全然入りきらなくなってきます。

その結果あまり利用していないタグは1件だけとなりSEO的にどうなのか・・・。

そこでWordPressの投稿画面から確認できるタグの種類を見ることができるよう、表示数を45件から増やしてみましょう。

functions.phpを編集する

方法は非常に簡単です。

以下の記述をfunctions.phpの空いているところにコピペするだけです。

100件以上表示したい場合は「$args[‘number’]=100;」の100という部分を任意の数字に変更すればOK。

私の場合は大きなブログの場合は300くらいに設定しています。

参考 WordPress編集画面の「よく使われているタグ」が45件だと少ない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする